現在では世界中で流通しているビットコインですが、その性質や特徴を把握できている人はそれほど多くないのが実態です。
そのビットコインで最大の「謎」とされており、いまだに解明できていないのが、ビットコインの創始者と言われている「サトシ・ナカモト」の存在です。

ビットコインを作ったサトシ・ナカモト

ビットコインの創設者とされるサトシ・ナカモト(中本哲史)ですが、その正体についてはビットコインが流通し始めた頃からネット上で諸説が唱えられています。
なお、ビットコインの単位はBTCという文字で表されますが、最小単位である1BTCの1億分の1は、サトシ・ナカモトの名前にちなんで「Satoshi」と名付けられています。

ビットコインが世に出たのは、2008年11月です。
ナカモト氏がブロックチェーンの技術の解説や、ビットコインと称した仮想通貨の提唱をまとめた論文を公開したことに始まります。
『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System (ビットコイン:エー・ピア・トゥ・ピアエレクトロニックキャッシュシステム) 』というタイトルでした。論文は9ページに渡り、metzdowd.comに掲載されました。

そして、ナカモト氏は2009年にビットコインのソフトウェアを発表します。以後、数人の技術者の協力をえながら、ナカモト氏のプロジェクトは現在のビットコインを生み出します。

ちなみに、最初のマイニングにおける報酬はナカモト氏本人が受取ったとされています。マイニングというのは、ビットコインの取引の承認や、取引実体の正当性を判定するために必要となるデータの構築処理を行い、成功した場合に報酬を得られるシステムのことです。つまり、マイニングもナカモト氏が作り上げたものとされています。

サトシ・ナカモトの正体

サトシ・ナカモトの人物像については様々な情報が飛び交っていますが、憶測の域を脱していません。当然、顔も分からず、人物像が全く見えません。
サトシ・ナカモトという名前ではありますが、『本当は日本人ではない』だとか、『人ではなく、チームの名前』という情報もありますが、どれも確たる証拠がなく、信憑性に欠けるものです。
実は、今までにサトシ・ナカモトと名乗る人がいたり、本人と会って話したことがあるという人が現れたりしましたが、真実が明らかにはなっていません。

ただ、ビットコインの開発に携わった人物がインタビューを受けたということが判明しているため、サトシ・ナカモトが実在している可能性は高いと考えられています。

ビットコインが多くの投資家に利用されているのは、創始者が正体不明というミステリアスなことに対する興味が影響しているとも言われています。